物件よりも不動産を見ろ!相場や質が丸わかり

不動産を知れば物件の相場が分かる!

>

不動産と取引をする前に

まずは聞いてみよう

取引希望の物件があるが、そのエリアの相場とどのくらい離れているのか知りたい。多くの方がそう思い、不動産へ質問を投げかけると思います。しかし不動産も売買や契約を取りたいので、話しを濁してしまうケースもあります。この場合、どのようにして相場を確認すればよいのでしょうか?
まず対策として複数の不動産へエリア別の相場を確認してもらいます。この時に、物件の話をするのではなく相場として話しを進めていきましょう。その統計を自身で出して頂ければ相場確認が出来ます。
ちなみに不動産のグレード、扱っている物件の種類によってもおおよその相場が確認出来ますので、取引したい物件だけではなく不動産にも注意して確認してみると良いですね。

自分でも調べられる

不動産関連の情報からは相場確認が出来ないケースもあります。この場合はウェブから相場確認をしてみると良いでしょう。
まず近隣に似ている物件があれば過去の取引価格を調べる、あるいは同じく近隣の物件が今どのくらいの価格で売買されているか調べるのも良いですね。
しかしもっと信憑性をあげたいという場合は、国が指定しているサイトを使うのも賢い手段です。直近1年間に売買された価格情報を検索出来ます。また土地価格から調べたい場合も国が指定したデータベースがあります。
他にも近隣の住宅価格を調べるためのサイトや情報が数多くありますので、自身で調べたいという場合にもぴったりです。これらを専門に調べてくれる業者もいるので頼るのも良いでしょう。


この記事をシェアする